+クリエイティブゼミvol.27 まちづくり(公園)編 「仮設のピザ窯に続く、まちの公園をみんなの場所にするためのプログラムを考える」

“風の人”になるための“種”の作り方を学ぶ実践ゼミpart.2

日時 平成30年2月13日[火] 、3月6日[火]、13日[火]、20日[火]
※全4回 19:15~21:15
会場 KIITO[デザイン・クリエイティブセンター神戸]3F 303
講師 永田宏和[KIITO副センター長]
定員 20名程度[要申込、先着順]
主催 デザイン・クリエイティブセンター神戸
申込 下記ウェブサイト申込フォームよりお申し込ください。

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)では、2014年度から3年続けて、公園について考える、通称「公園ゼミ」を開講しています。4年目となった今年度もこれまでと同様に住宅地の中にある「街区公園」について考える「公園ゼミ」を開講します。

今回の「公園ゼミ」では、あえて特定の公園を設定せず、一般的な住宅地の中の「街区公園」を、地域の住民たちが集まる交流の場とするための新しいプログラムや仕掛け(種)のアイデアを考えてもらいます。
 初年度の公園ゼミで生まれた「仮設のピザ窯のある公園」というアイデアは、その後事業化され、試験的に実施された神戸市須磨区高尾台地区では、地域住民100名以上集めるなど大きな成果を生みました。

今回のゼミでは、この「仮設のピザ窯」に続く、地域住民の自然な交流を促すプログラムや仕掛けなど「種」のアイデアを考えてもらいます。ゼミで出たアイデアに関しては来年度、実際に現場に出てデモンストレーションイベント実施を目指していきますので、ぜひ奮ってご参加ください。

 

講師プロフィール

永田宏和(ながたひろかず)/デザイン・クリエイティブセンター神戸 副センター長

1968年兵庫県生まれ。企画・プロデューサー。1993年大阪大学大学院修了後、大手建設会社勤務を経て、2001年「iop都市文化創造研究所」を設立。2006年「NPO法人プラス・アーツ」設立。2012年8月よりデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長を務める。主な企画・プロデュースの仕事に、「水都大阪2009・水辺の文化座」、「イザ!カエルキャラバン!」(2005~)、「地震EXPO」(2006)、KIITOオープニングイベント「ちびっこうべ」(2012~)などがある。

 

申込フォーム

http://kiito.jp/schedule/seminar/article/26282/

 

これまでのゼミの様子

 

+クリエイティブゼミvol.18 まちづくり編 これからの公園のあり方について考える part.2「公園×健康」
http://kiito.jp/schedule/seminar/article/14882/

+クリエイティブゼミvol.12 まちづくり編 これからの公園のあり方について考える。
http://kiito.jp/schedule/seminar/article/10142/

+クリエイティブゼミ vol.23 まちづくり編 公園と地域をつなぐ仕組みを考える。
http://kiito.jp/schedule/seminar/article/20627/


実施の様子

一覧へ戻る