宮澤賢治と農民芸術概論│習俗とアート夜話-新長田アジア論-⑦

多文化共生から下町の都市形成、アジア芸術の現在進行形まで、<多民族国家(マルチ・エスニック・タウン)新長田>を軸にして、深く掘り下げてみる勉強会形式の講座です。新長田に流れる複数の歴史の縦糸と、ここからアジアの様々な地域へと繋がる横糸とを手繰り寄せながら、あらたな新長田の現在地を紡ぎだします。

日時 10月21日[土] 14:00-16:00
場所 旧K邸[神戸市長田区駒ヶ林町4丁目]
講師 大島丈志[文教大学 准教授]
コーディネーター 横堀 ふみ
費用 500円(1ドリンクつき)
主催
共催
助成
NPO法人DANCE BOX
新長田アートコモンズ実行委員会
平成29年度文化庁劇場音楽堂等活性化事業

1926年に宮澤賢治がまとめた「農民芸術概論」。その中の一文「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」に触れた方は多いのではないでしょうか。当時の時代の状況、賢治の他の作品と交えながら、その意図したところ、賢治の理想を読み解いていきます。


大島丈志
1973年東京都生まれ。千葉大学大学院博士課程修了。博士(文学)。文教大学准教授。専攻、日本近代文学。著書に『宮沢賢治の農業と文学』(蒼丘書林・2014 年宮沢賢治賞奨励賞)、共編著に『絵本で読みとく宮沢賢治』(水声社)、『絵本ものがたりFIND』(朝倉書店)、共著に『東北学08』(はる書房)など。

 

https://www.facebook.com/events/407530116308729/?active_tab=about

一覧へ戻る